金沢の手帳は、ホテル選びや観光に役立つ名所ガイドを行うフリー情報サイトです。
小京都と呼ばれる古都

金沢のホテルと観光ガイド
金沢の手帳

加賀百万石の城下町
金沢の地図へ

HOME > 金沢 > 金沢の将来を考える

金沢のフリー情報サイト

未来を想像

観光・旅行の時に、検証してみて下さい

大胆な金沢の未来の構想を練ってみます

人口データから、一つの創造をしてみたいと思います。ただ単に情報・観光案内を紹介するデータ提供サイトは山ほどあります。そこでネットでしか表現できない、最大限の可能性を目標に、趣向を変えて「金沢の将来を考える」と題して私なりに加賀百万石の古都としての魅力創りを提案・問題提起のプレゼンを行ってみたいと思います(全部で3ページあります)。私なりに様々な角度から理論を述べ、少しでも私の故郷に興味を持って頂けるように考えたつもりです。故郷を離れている時、感じた事。それは「北陸地方は都心部からすると影が薄い」というイメージを持たれている事でした。それが何より嫌でした。だからこそ私は「決してそんな事は無い!」「北陸地方はこれから繁栄していく都市である」事を証明してみたいと思います。そして、その第一歩を次の言葉で表現させて頂きます。

小京都である金沢は、京都を超える」と。。。

キーワードは、「観光地は創造するモノ」です。そして北陸の土地に対して、少しでも興味を持って下さい。もし、来られる事がありましたら、思い出しながらご覧下さい。多分、皆さまも気づかれるはずです。

小京都、金沢

古都としての優位性

石川県金沢市は、私個人としては日本一の古都であると自負しています。誰しも、生まれ故郷は好きなモノです。だからこそ、お許しください。歴史と自然と街がうまく融合した都市です。観光に来られるとお気付きになると思われますが、街中でも自然がうまく融合されており、空気がきれいなんです。都心部の様な人口的な自然・植林ではなく、本当に自然なままで融合されているのです。これは、地元を10年近く離れていてみて分かった事です。その他にも、金沢の小京都として観光地面での優位性を上げてみたいと思います。
1、温泉地が多く、宿泊客の受け入れ態勢が出来ている
2、伝統文化・工芸が今もなお受け継がれている
3、有名観光スポットが存在しており、基本がしっかりしている
4、和菓子の金沢である事を、知られていない
5、都市が美しい
6、隠れた、売り込み材料がある
これだけの優位性があるのです。間違いなく、京都を超えた京になる素質を持っているのです。比較対象は出しませんが、私が体験し・知る限り、胸を張って発言出来る内容です。

金沢の現状分析

金沢は、「加賀百万石」をテーマに観光地としてのアピールを行っています。ここで疑問が生じました。
1、加賀百万石の意義
2、近代化を図る事
3、古都の意味
ざっと挙げてみました。現在の状況としは、急激な近代化が押し進められています。私はこれを疑問に感じました。「加賀百万石の城下町、金沢」とは?私は学生時代から田舎を離れ、「大阪」「東京」方面で過ごし、働いていました。感じた事は、ただ一つ。追い抜く事は出来ない、これが率直な感想でした。まず人口が軽く、10倍以上違います。歴史的にも「国は民である」と言われるように、国の発展には人が中心となります。これだけの差を知りながら、同じ戦略である「近代化」を図る事が、金沢の将来なのでしょうか?これが疑問の発端です。私の疑問に対する考えです。
1、加賀百万石をもっとアピールできないか
2、近代化+αとして、何かできないか
3、個性を協調できないか
4、近代化と非近代化を両立できないか
なぜ、この様な事を述べるか。それは、私が「金沢」という都市を好きだからです。生まれ故郷を思うのは当然ではありませんか。そして、その故郷が有名な観光地であり、「加賀百万石」と呼ばれた由緒正しい土地。ならばなおの事、この土地が大きく羽ばたいてい欲しいと思いませんか?その時に疑問となった事柄が、前面に押し出すは近代化なのでしょうか?という事でした。その様に思うのは私だけでしょうか。もちろん、近代化を必要とする部分はありますが、歴史的な背景との融合は出来ないのでしょうか。

政策に向けて

そこで、政策の基本案を考えてみます。「加賀百万石」の特徴。挙げてみましょう。
1、金箔のように、煌びやかなイメージ
2、加賀百万石の名前から、華やかなイメージ
3、城下町のイメージ
4、江戸時代のイメージ
5、古都
まだまだあると思いますが、近代的なイメージは一切出てきません。観光地としてのイメージを捨て、他都市と同じような政策をとるならまだしも、全面的に「加賀百万石」を押し出していくのです。それに沿った具体案が必要になります。
1、格子をイメージとした、建造物
2、石畳みをイメージした、道作り
3、金泊と朱色をイメージした、外観・内装作り
4、観光地優先に向けた、伝統文化の保護と育成
ほかの都市に、この様な案を実施する事が出来るでしょうか。金沢だからこそ、政策として実行出来るのです。都会から来られた方は、「非日常」を求めて来ていると想定すると、近代化された金沢を見て感動してくれるでしょうか。他都市が出来ない事ができる。これは大きなハンディです。この特徴的なイメージを、活かす事こそ将来の活路ではないでしょうか。他都市が出来る事を実施しても、すぐに抜かれるだけで、またすぐ古くなります。

金沢のイメージ

目次集
兼六園
金沢の茶屋街
長町武家屋敷跡
金沢ホテル・旅館
おすすめの金沢ホテル・旅館
金沢観光コース
金沢の隠れた観光名所
金沢への交通・アクセス
金沢の歴史
金沢伝統工芸とお土産