金沢の手帳は、ホテル選びや観光に役立つ名所ガイドを行うフリー情報サイトです。
小京都と呼ばれる古都

金沢のホテルと観光ガイド
金沢の手帳

加賀百万石の城下町
金沢の地図へ

HOME > 金沢の茶屋街 > 主計町茶屋街

金沢のフリー情報サイト

金沢の茶屋街

金沢の茶屋街の一つ

主計町茶屋街

夜のお茶屋さん

浅野川に沿うようにたたずむ、オシャレな茶屋街。観光というよりは、余韻にひたるような場所です。そんな感じのする場所です。その為、訪れるのでしたら、間違いなく夜です。個人的には、ただ川沿いを歩くだけでも十分絵になると思っています。

主計町茶屋街

夜が似合う、おとなの茶屋街です(個人的な意見です)。1869年に始まった遊廓がルーツとされている、金沢で生まれた茶屋街です。ひがし茶屋街と浅野川をはさんだ向かい側にあり、格子と水辺の融合を楽しめる美しい場所で、ひがし茶屋街程の規模ではありませんが、街並みを楽しむという意味では、個人的は一番お勧めな場所です。ここは、夜の街灯が灯ってからが一番です。その為ひがし茶屋街とは違い、金沢観光というよりは余韻にひたる雰囲気を感じる事ができる大人の茶屋街です。

主計町茶屋街

<夜の茶屋街>
夜しか営業していないお店があったり、ひがし茶屋街とは、真逆なイメージの茶屋街です。訪れる、というよりは川沿いを歩くような感じです。ですが、川の流れの音を聞きながら歩くのもいいですよ。石畳みの続く路地、浅野川の流れ、街灯、幻想的な通りは、小京都ならではの雰囲気です。都会と違い、夜は車も少ないので心地よいです。散策のほうが、正しいかも知れません。ちなみに、午後9時まででしたら、「中の橋」という木造の橋がライトアップされています。この橋、泉鏡花の代表作「照葉狂言」の舞台にもなった有名な橋です。人しか通れませんが、石畳道と木造橋の融合はとてもきれいな情景を作ってくれます。

友禅流し

友禅流し

冬場に行われる、加賀友禅(着物)の作業工程です。布についたノリを落とすのが目的で、金沢観光の名物となっている光景です(私は寒いのが苦手なため、一度も見たことがありませんが。。。)。
<ミニ知識>
ちなみに、加賀友禅とは金沢の伝統工芸の一つで、今から500年前にさかのぼる歴史を持ち、京都の京友禅とは異なり武家社会の文化によって花開いた着物工芸です。「ぼかし」「虫食い」といった独特の表現技法が有名です。

iconicon
<予約サイト>

「じゃらん」icon

おすすめ主計町茶屋街の旅館

木津屋旅館

LinkIconおすすめ金沢旅館です
間違いなくここです。「主計町茶屋街」の中にある信じられない様な旅館で、さらに純和風旅館。客室からは浅野川の流れが見え、夜にはライトアップされた中の橋も見れる。しかし雑誌などでもよく見かける為、予約が取れるかどうか。。。


・駐車場:無料
・部屋:14室

目次集
兼六園

長町武家屋敷跡
金沢ホテル・旅館
おすすめの金沢ホテル・旅館
金沢観光コース
金沢の隠れた観光名所
金沢への交通・アクセス
金沢の歴史
金沢伝統工芸とお土産
金沢