金沢の手帳は、ホテル選びや観光に役立つ名所ガイドを行うフリー情報サイトです。
小京都と呼ばれる古都

金沢のホテルと観光ガイド
金沢の手帳

金沢のフリー情報サイト

金沢の名所

金沢の観光スポット

寺町寺院群

日本の音風景100選

金沢の市街地から見て、南(南南西)側にある寺院群です。約70もの寺院群が集まった場所で、ここもまた外敵から城を守る為に形成された地域でもあります。その為、防衛拠点として忍者寺の様なちょっと変わったお寺が存在するようになりました。観光ポイントとしても、にし茶屋街が隣接しておりお薦めです。

概要

1616年に、当時の藩主の命令により整備されたと言うよりも集められた寺院群のひとつです。表題にあるように、鐘の音が美しく響き渡る事から残したい音の風景にも選ばれた事から、観光時間ポイントは、明け方もしくは夕方がお薦めです。しかしここは本来、一向一揆の対策として設けられた防衛拠点であった歴史があり、不思議な感じがします。ですが、その面影通り特徴的な寺院群独特の迷路のような路は健在で、車が通れない様な所がチラホラ。ここはさほど大きな群ではありませんので、にし茶屋街とともに金沢観光の一つとして巡回されるのにちょうどいい場所です。

金沢の寺町寺院群

大円寺

大円寺「延命地蔵」で有名な寺です。この地蔵は、心岩上人が人の骨を使って製作したと伝わっており、お参りをすると寿命が延びるとされる御利益の高いお地蔵さんです。ちなみに、人骨は顔の白い部分に使用されているとされ、全て無縁仏となった人々の骨を使用しているとの事です。ここは大きな通り沿いにあり、すぐ目の前が見晴らしの良い坂になっています。

金沢市寺町5-5-28

雨宝院

金沢の雨宝院室生犀星とゆかりの深いお寺です。小説「性に目覚める頃」の中で登場するお寺とし有名で、彼の直筆の原稿や書簡などが展示されています。犀川にかかる大橋のたもとにあります。ちなみにこちらは、金比羅尊を本尊とする高野山真言宗の古刹です。

石川県金沢市千日町1-3
毎月10日は、中を見る事が出来ませんのでお気を付け下さい。

妙立時

金沢の忍者寺通称「忍者寺」。ひつこい様ですが、金沢観光スポットとしてここを外す訳にはいきません。再度簡単にご紹介を。「霞の間」「本堂裏隠し階段」「逃げ道とされる井戸」「武者溜まりの間」等々、多数のカラクリ・仕掛けが施されたお寺?です。完全予約制が実に残念ですが、予約がとれましたら、是非ご訪問下さい。ガイドさんと一緒に、見て回ります。

金沢市野町1-2-12

目次集
兼六園
金沢の茶屋街
長町武家屋敷跡
金沢ホテル・旅館
おすすめの金沢ホテル・旅館
金沢観光コース

金沢への交通・アクセス
金沢の歴史
金沢伝統工芸とお土産
金沢