金沢の手帳は、ホテル選びや観光に役立つ名所ガイドを行うフリー情報サイトです。
小京都と呼ばれる古都

金沢のホテルと観光ガイド
金沢の手帳

金沢のフリー情報サイト

金沢の名所

金沢の観光スポット

寺院群

3つの区域

小京都と呼ばれる証拠。それは、市内に多くの寺院が存在してる点もあるのかもしれません。データ集でも述べましたが、金沢には神社や寺院が多数存在しているとご紹介しました。その中でも特に多く存在している地域を寺院群と呼んでおります。この寺院群、観光の名所としてどれほど知られているのでしょうか。その様に感じ、3つの寺院群をご紹介させて頂きます。

金沢の防壁

金沢の寺院は、城下町を守る為に形成されたとの考えもあるほど固めて存在しています。その有名な群が「寺町、小立野、卯辰山」の3カ所で形成された寺院群です。一つは白から見て鬼門(北東)に、ひとつは東側、ひとつは南側とそれぞれに計画的に離れて存在しており、金沢観光にはちょうどいい距離です、近すぎず・遠すぎず。まさに小京都の中の小京都です。こんなに寺院と自然が似合う古都はありません。ですから、断言しましょう。

「金沢は京都には、絶対に負けません!!」

金沢の寺院群の地図

※下のそれぞれの画像をクリックして頂くと、各寺院群の詳細へ繋がります。

小立野寺院群

子立野寺院群の画像

加賀藩ゆかりの場所で浅野川と犀川に挟まれた、小立野台地。その金沢城の南東方面にあるのが「小立野寺院群」です。前田家とゆかりの深い大きな寺が多く、三代藩主利常の奥方珠姫の菩提寺である「天徳院」や「如来寺、経王寺」が、初代藩主利家の厚い保護を受けた「宝円寺」などの主だった寺院が連なっています。またこの周辺は重要な防御的な城塞としての役割も持っていたことが知られており、とにかく道が細いのが特徴です。この周辺は山間近くでもあり坂が印象的な場所でもあります。また、ここには「いし曳きの道」があることで知られ、城の築城に必要な石垣を運んだとされる坂道が多く見モノです。

石川県金沢市宝町6丁目周辺

卯辰山寺院群

卯辰山寺院群の画像

自然と寺院が融合した場所で、金沢城の鬼門(北東)にあるのが卯辰山です。その山麓・下部周辺に存在しているのが「卯辰山寺院群」です。ひがし茶屋街が近くにある、最も訪れ易い場所でもあります。ここもまた、城を守る為に集められた寺院群で、風水的にも邪を封じる重要な場所でもあります。初代の前田利家公を祀る「宇多須神社」があるのもここです。車では無理ですので、徒歩で趣のある散策をお薦めします。雰囲気的にも古都を感じることができます。

金沢市東山2丁目周辺

寺町寺院群

寺町寺院群の画像

忍者寺がある事で有名です。にし茶屋街の隣にある寺院群です。金沢城の南西(裏鬼門)に存在しており、ここもまた、守りの為に集められた場所です。香林坊・片町から犀川を挟んだ南側にあるので、金沢観光にも大変便利な所です。ここは犀川の清らかな流れと共に、朝と夕方に鐘の音が聞こえる事から、1996年に「残したい”日本の音風景”100選」に選ばれた地域でもあります。高級料亭もありますので、お食事時にでもいかがですか?

石川県金沢市寺町5丁目周辺

目次集
兼六園
金沢の茶屋街
長町武家屋敷跡
金沢ホテル・旅館
おすすめの金沢ホテル・旅館
金沢観光コース

金沢への交通・アクセス
金沢の歴史
金沢伝統工芸とお土産
金沢