金沢の手帳は、ホテル選びや観光に役立つ名所ガイドを行うフリー情報サイトです。
小京都と呼ばれる古都

金沢のホテルと観光ガイド
金沢の手帳

金沢のフリー情報サイト

金沢の名所

金沢の観光スポット

天徳院

おすすめです

「ここは、一度見まっし!!」
私が、北陸に居ながらにして知らなかった名所をご紹介します。金沢観光の名所として有名らしいのですが、灯台もと暗しのせいか、地元に居るとなかなかその様な観光情報が耳に入ってきませんでした。おそらく、他県外の方はご存じないのではないかと思い、ご紹介します。金沢の歴史と技術が融合した遺産です。個人的に、最もお薦めの場所です。

天徳院の画像

金沢と珠姫

小立野寺院群は先にもご紹介しましたが、前田家とゆかりの深い大きな寺が多いことで知られています。その中で、山手に存在している利常の奥方「珠姫」の菩提寺であるのが天徳院です。ここは必見です!
「珠姫(天徳院)」について
 3代目藩主前田利常の正室として珠姫は、1599年の3月に嫁がれてきました。江戸幕府2代目の将軍「徳川秀忠公の次女」であり、まさに名門の御姫様でした。これには裏が。その年に初代利家公が亡くなり、その子「利長公」が徳川勢力を討つとの噂が流れた為、徳川家への服従策を取ったのです。内助の功で有名な「まつ」の「母を捨てよ」の言葉と共に、まつ(芳春院)を江戸に人質に出したのです。その盟約の証として、珠姫を利常公の嫁とし嫁がせる事に成ったのです。いわゆる、政略結婚です。1601年、なんと珠姫3歳の時です。実際に結婚したのは金沢へ来られた14歳。しかしその生涯は短く、10年間に3男5女を生まれた後1622年の春、亡くなられました。享年24歳という若さでした。そして戒名『天徳院殿乾運淳貞大禅定尼』にちなんで、天徳院と成ったのです。

加賀百万石の歴史と技術

金沢の中心街から少しだけ離れた所にあるのが「天徳院」。兼六園を過ぎ、南東方向にまっすぐ進んだ場所にあるお寺です。私も最近知ったほどの名所です。前田利常に三歳で嫁いだ「珠姫(徳川秀忠の娘)」の菩提寺です。1623年に四万坪の敷地に建立され、翌年に巨山泉滴(こさんせんてき)和尚を長安寺(千葉県)より招き入れた経緯を持ちます。現在の天徳院は、1768年2月の火災により翌年の12月に70日間で再建されたモノです。ちなみに、山門は唯一当時そのまま残る遺産です(全沢市文化財に指定されています)。

金沢のカラクリ人形劇

珠姫・天徳院からくり人形劇
能舞台の様なデザインのセット上で、からくり人形達が珠姫の生涯を演じるという、まさに金沢の技術の粋を結集した遺産です。これは必見です。間違いなく、京都では見られない金沢ならではの観光スポットです。人形の手や顔が動いたり、珠姫が左右に動いたりと、なかなか興味深い劇が見られます。からくり人形と共に映画も上映されており、この様な場所にこんな隠れた名所があるのかと驚きました。ただ外見が普通のお寺の為、外観と内容の差が激しく、少し分かりにくいのが難点です。。。

時間 :9:00~16:00(水曜日がお休み)
上映 :15分程度
入場料:500円
石川県金沢市小立野4-4-4

目次集
兼六園
金沢の茶屋街
長町武家屋敷跡
金沢ホテル・旅館
おすすめの金沢ホテル・旅館
金沢観光コース

金沢への交通・アクセス
金沢の歴史
金沢伝統工芸とお土産
金沢