金沢の手帳は、ホテル選びや観光に役立つ名所ガイドを行うフリー情報サイトです。
小京都と呼ばれる古都

金沢のホテルと観光ガイド
金沢の手帳

加賀百万石の城下町
金沢の地図へ

HOME > 長町武家屋敷跡 > 長町武家屋敷跡、そのに

金沢のフリー情報サイト

金沢の名所

長町武家屋敷跡のうんちく

金沢観光、お役立ちミニ情報

話のネタに

ここでは、特徴的な「大野用水」やお役立ち情報を掲載しています。前田藩時代の面影を色濃く残す情景を、少しでも興味を持って頂けると嬉しいです。

金沢の野村家の画像

武家屋敷跡野村家

長町武家屋敷のちょうど真中にあります。加賀百万石の煌びやかさ、豪華絢爛な屋敷と庭園。前田利家の重臣「野村伝兵衛信貞」の屋敷跡。公開されている範囲においては、見ると素敵な純和風テイストのインテリアスタイルで、もちろん全て総檜作り。歴史的な物品はもちろん、兼六園のような個人庭園があり、まさに金沢の繁栄を物語る情景が見られます(個人宅の範囲です)。ですが本当にこの庭はすごく、必見です。その他にも、ステンドガラス(ギヤマンって言うそうです)で装飾された扉などは、いかにも加賀百万石の歴史を物語っています。
「観光情報」
入場料  500円
営業時間 8:30~16:30

大野庄水路とたつみ、鞍月

横を流れる用水について

大野庄用水
加賀前田藩の2代目、利長の時代に作られた用水であり、長町武家屋敷跡に着くと、すぐに通りの脇を何気なく水が流れています。それが大野庄用水です。長町武家屋敷跡周辺の土塀沿いを流れる風情豊かな様子は、城下町・金沢を象徴する風景となっています。この用水は全長10km程あり、金沢最古の用水路と言われています。400年前に設置され、川の水は犀川の水を引き、生活用水や金沢城建設時の運搬用水路として使用された実績があります。何気ないモノにも、歴史があるんです。まちをゆるやかに通りぬける用水の流れは、趣ある情景です。その他に、「辰巳用水(画像の右)」があります。江戸時代初期の頃に発生した、金沢の大火。その後の三代藩主利常の命で、城の西を流れる犀川の水を城内に取り入れて造られたのが辰巳用水です。逆サイフォンの原理(城から約10km離れた犀川の上流から取り、いったん低い場所へ落ちた水を城へ引きあげる仕組み)を用いたもので、当時の技術としては非常に高度であったとされています。現在の辰巳用水は、いまでも犀川上流で取水されており、兼六園を潤し、金沢の中心部へと続いています。その他の代表的な用水は、「鞍月用水(画像の真中)」があります。鞍月用水は、香林坊など金沢の繁華街を流れ、涼しげな表情を見せています。一部区間は金沢城の外堀(西外惣構堀)にも利用され、水力を利用して、かつては製油、精米、製粉なども行われていました。今は流れに添って遊歩道やポケットパークが整備され、潤いのあるまちなみを演出してくれています。

長町武家屋敷跡に近いホテル

アパホテル(金沢中央)
ホテル情報です
LinkIconおすすめ金沢ホテルです
北陸随一の繁華街「香林坊・片町」の大通り沿いの超好立地。必然的に長町武家屋敷もすぐの徒歩圏内です。またここは男女別天然温泉大浴場・露天風呂・サウナ施設が無料で、美しい夜景が見ながらゆっくりできます。最上階のスパ施設「天然温泉サウナ片町」がいい点です。


・駐車場:時間で400
・部屋:513室

目次集
兼六園
金沢の茶屋街

金沢ホテル・旅館
おすすめの金沢ホテル・旅館
金沢観光コース
金沢の隠れた観光名所
金沢への交通・アクセス
金沢の歴史
金沢伝統工芸とお土産
金沢