金沢の手帳は、ホテル選びや観光に役立つ名所ガイドを行うフリー情報サイトです。
小京都と呼ばれる古都

金沢のホテルと観光ガイド
金沢の手帳

加賀百万石の城下町
金沢の地図へ

HOME > 長町武家屋敷跡

金沢のフリー情報サイト

金沢の第二の観光名所

武家社会の証

長町武家屋敷跡です

加賀前田藩を支えた、家臣の中級武士達が住んでいた屋敷が多く残る場所です。もちろん現在もなお、金沢の市民の住居地区として利用されています。まさに歴史遺産に留まらない地域です。独特の土壁に、当時の暮らしぶりが色濃くの残った石畳みの路。江戸時代にタイムスリップしたような通りが眺められます。

金沢と名所

長町武家屋敷跡の特徴

よく目にする「前田家の武士家族が住んでいた歴史ある屋敷跡」。。。もあるのかもしれませんが、当時の加賀藩は日本中の学者を金沢に呼び、文学において大きな力を持っていました。あちこちに寺院群を設置し、外敵を防いだとされますが、この地域も同様に外敵から金沢を守る為に、外部からの侵入を防ぐ目的で出来たという説があります。表向きは屋敷群、本当の目的は防壁。それが長町武家屋敷の本来の姿なんです。

金沢を守る

方向感覚を失わせるために、袋小路を多く作り、同じような外壁を築く事により道に迷わせる。正に、計算尽くされた屋敷なのです。住みながらにして、金沢を守る。一石二鳥の屋敷地区だったのです。現在もなお、石畳みと土塀が残り加賀前田藩の面影を残しており、金沢観光スポットとなっています。すごいのは、歴史的建造物に留まらず今もその屋敷に人が住み、生活の場となっている事です。金沢が好きなんですねぇ。。。それと同時に、「こんな場所にこんな名所が!!」と驚かれるかと思います。その位、都市中心部に存在にした観光スポットです。しかし繁華街の中心部にある便利な観光地でありながら、通り沿いには幾つかの資料館や回覧できる家(有料)が有りますので、ゆっくり歴史や当時の文化に触れる事が出来ます。また御存じの方はご存知だと思われますが、金沢でのロケ現場としてドラマでは100%必ず使用される定番の観光スポットです。その為ご存知の方は、「この現場から絶対に崖のシーンにはならないだろう!!」とご理解いただけるかと思います。

目次集
兼六園
金沢の茶屋街

金沢ホテル・旅館
おすすめの金沢ホテル・旅館
金沢観光コース
金沢の隠れた観光名所
金沢への交通・アクセス
金沢の歴史
金沢伝統工芸とお土産
金沢